週刊少年マガジンのバックナンバーを無料~50%OFFで購入するなら電子書籍版がおすすめ!

少年マガジン

この記事では、「週刊少年マガジンを買い忘れた!」「コンビニに言ったらすでに売り切れだった」という人に向けて週刊少年マガジンの先週号やそれ以前のバックナンバーを購入する方法をまとめました。

紙版のバックナンバーを購入することもできますが、紙にこだわらなければ、週刊少年マガジンの電子版バックナンバーを無料で読む方法もあります。

週刊少年マガジンの紙版と電子版の違いに関する注意点も合わせて、サクッと読めるようにまとめたので参考にしてください。

週刊少年マガジンのバックナンバーを買う方法

週刊少年マガジンのバックナンバーが購入できるサイトやサービス、販売店をまとめました。

よっぽど古いバックナンバーでない限りは、高くても定価の300円(税込)以内で購入することができます。

電子書籍サイトで購入する(50%OFF)

電子書籍を扱っているサイトなら、ほとんどのサイトで週刊少年マガジンの電子版が配信されています。

そして、週刊少年マガジンを扱っている電子書籍サイトなら過去12週分のバックナンバーも読めるようになっていて、どこ買っても定価は300円(税込)です。

なので基本どこで買っても変わらないのですが、初めて利用する人が利用できる50%OFFクーポンがもらえる「ebookjapan」や「まんが王国」のような電子書籍サイトなら150円で週刊少年マガジンのバックナンバーが読めます。

ビデオオンデマンドサービスで購入する(無料)

週刊少年マガジンの電子版バックナンバーなら、ビデオオンデマンドサービスで読むのもおすすめです。

ビデオオンデマンド(VOD)サービスは、月額課金制で見放題の対象となっている動画コンテンツが視聴できるサービスですが、電子書籍を扱っているVODサイトも多いです。

また、月額料金が一定期間無料になるお試しキャンペーンに登録することで、電子書籍に利用できるポイントがもらえるサイトがあります。

例えば下記のようなVODサイトですね。

U-NEXT・・・31日間の無料お試し登録で600円分のポイント付与
FODプレミアム・・・1ヶ月無料登録で1080円分のポイント付与(期間中8の付く日2回の場合)
music.jp・・・30日間無料お試し登録で600円分ポイント付与

無料お試しキャンペーンは1サイト1回までとなっていますが、無料期間中に取得可能なポイントで有料作品も楽しむことができます!

例えば、U-NEXTなら600ポイントがもらえるので2週分の週刊少年マガジンが無料で読めます

バックナンバーを読むも良し、最新号を読むのも良しですね。
ただ、無料お試し期間を過ぎると、解約手続きをしない限りは月額料金が発生するのでその点は注意してくださいね!

メルカリ・まんだらけなどで購入する

電子版のほうが安く購入できますが、どうしても紙版じゃないとダメという人もいるでしょう。

そんな時はメルカリやまんだらけがおすすめです。
例えばこの記事を書きながら調べたのですが、メルカリでは12週前までの週刊少年マガジンバックナンバーが300円(送料込)で販売されていました

メルカリで販売される週刊少年マガジンバックナンバー

管理人
管理人

キリがないので12週前までしか調べていませんが、基本的に遡れば遡るほど出品数は減ってました。

ピンポイントで調べた限りでは、ここ2~3年ぐらいのバックナンバーだったら出品されていたので、紙版のバックナンバーを探しているならまずはメルカリで検索してみるのがおすすめです。

メルカリで見つからなかった場合はまんだらけで探してみましょう。
まんだらけでは、数年前どころか10年以上前のバックナンバーも販売されているので探しているバックナンバーが見つかる可能性は十分に考えられます。

マガポケ

マガポケは、講談社が運営している無料の漫画アプリになります。
「週刊少年マガジン」「別冊少年マガジン」の連載作品に加え、マガポケオリジナルの連載作品が無料で読めます。

ただ、無料と言っても無料で読める範囲は作品によって異なります。

傾向としては、連載作品の最初の数話や週刊少年マガジンなら3号分のバックナンバー、別冊少年マガジンなら1号分のバックナンバーが無料で読めるといった具合です。

それ以外はチケットやポイントを使わなければ読めません。
なのでバックナンバーでも読みたい作品が上手い具合にマガポケで無料で読めるならおすすめです。

あと、マガポケは月額840円で週刊少年マガジンの定期購読ができるので電子版で読み続ける場合にもおすすめの漫画アプリとなっています。

管理人
管理人

定期購読に申し込んだ場合は7号前までのバックナンバーが読めるようになります!

週刊少年マガジンの電子版と紙版の違い

ここからは注意点なのですが、週刊少年マガジンの電子版と紙版の違いについて紹介します。

最近は少年週刊誌も電子版配信が増えていますが、電子版と紙版は全く同じではありません。

特に週刊少年マガジンはちょっとややこしいの説明したいと思います。

はじめの一歩が掲載されていない

まず、週刊少年マガジンの電子版の紙版での大きな違いが人気作品である「はじめの一歩」が電子版では掲載されていない点です。

理由については、はじめの一歩作者である森川ジョージさんが公式ツイッターでこのように説明しています。

このツイートは5年前のものですが、2020年8月現在もはじめの一歩は週刊少年マガジン電子版には掲載されていません。

懸賞・アンケートには応募できない

これは特に必要ないと思っている人もいるかもしれませんが、週刊少年マガジン電子版では懸賞やアンケートの応募などはできません。

一部グラビア・袋とじページが見れない

紙版では、一部袋とじの体裁で連載作品の特別編が掲載されることがありますが、電子版の場合は袋とじの規約?的なものが厳しいのか掲載されていない場合があります。

また、巻頭のグラビアも場合によっては電子版に掲載されていないケースもあります。

ただこれは絶対ではなく、作品やグラビアに登場する人によって違ったりします。

管理人
管理人

なので袋とじやグラビア目的で週刊少年マガジンのバックナンバーを購入したい人は事前に調べてから買いましょう。ツイッターで「マガジン 袋とじ 電子」とかで検索すると出てきます。

まとめ

週刊少年マガジンのバックナンバーを購入したい場合は、電子書籍サイトやメルカリで購入するのがおすすめです。

電子版と紙版の週刊少年マガジンには違いがありますが、それが気にならない場合は電子書籍サイトの無料お試し期間中にもらえるポイントで購入するのがお金がかからないのでおすすめです。

U-NEXT・・・31日間の無料お試し登録で600円分のポイント付与
FODプレミアム・・・1ヶ月無料登録で1080円分のポイント付与(期間中8の付く日2回の場合)
music.jp・・・30日間無料お試し登録で600円分ポイント付与

コメント

タイトルとURLをコピーしました